Skip to main content

業務内容に合わせて配送計画の移動速度を設定できる『運行速度調整機能』を追加

報道機関各位
プレスリリース

2022年3月17日
株式会社オンラインコンサルタント
代表取締役 後藤 暁子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
業務内容に合わせて配送計画の移動速度を設定できる『運行速度調整機能』を追加

-ODIN リアルタイム配送システム -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社オンラインコンサルタント(所在地:神奈川県横浜市 代表取締役 後藤 暁子)は、業務内容に合わせて配送計画の移動速度を設定できる『運行速度調整機能』を「ODIN リアルタイム配送システム」(オーディーンリアルタイムハイソウシステム)に追加したと発表しました。

【このような業界にオススメ】
・渋滞などにより移動に時間がかかることの多い配送業
・配送時に速度制限のある配送業
・日中の混雑している市街地にある配送先が多い宅配
など

【従来の配送計画システムの課題】
従来の配送計画システムでは、決められた移動速度の値があり、それによって配送時の移動時間が計算されます。
たとえば、通常の道路での移動速度が時速60kmとなっているシステムの場合、通常の道路で60kmの移動がある配送計画での移動時間は1時間となります。
この移動速度の値は、最適な計画を立案するためにある程度一定のスピードに固定されていることが多いです。
しかし、実際の配送時の移動速度は業種や会社によって大きく異なり、一定のスピードで設定されているとそれぞれの会社の移動速度に対応できないという課題があります。
具体的な速度では、システム上は60kmで設定されていたとしても、業務内容などによって実際は時速50km程度でしか移動できない場合があります。
たとえば、お弁当の宅配業務で、日中の混雑している市街地にある配送先が多いとなかなかスピードを出すことができません。
その他にも速度制限のある車両を利用している配送会社も、制限があるためシステム上の速度を出すことは難しいです。
このような実際の配送とシステム上の計画に差が生じることから、配送計画を作成するときに実際の移動速度により近い移動速度を設定したいというニーズがあります。

【課題に対するソリューション】
従来の配送計画システムの課題を受け、配送計画作成において移動速度の設定ができる『運行速度調整機能』を追加しました。
イメージとしては鉄道の乗り換え案内アプリで歩くスピードを「ゆっくり」などと設定するような機能で、配送時の配送先間の走行速度設定を速くしたり遅くしたりできます。
配送計画の移動速度を実際の配送に近いものに設定でき、それぞれの会社に合った計画の立案が可能です。

【メリット】
・渋滞や速度制限を考慮して移動速度をゆっくり移動するように設定できる。
・想定していない渋滞や事故などが発生することを考慮して実際よりも時間に余裕のある配送計画を作成できる。

【機能詳細】
・配送計画の移動速度は、「急いで」・「少し急いで」・「少しゆっくり」・「ゆっくり」の4段階から選択可能です。

【製品・サービス】
・Webブラウザを利用するので、専用の機械・ソフトは必要ありません。

【システム要件】
<管理者端末>
・以下のWebブラウザが動作すること
Microsoft Edge
Firefox
Chrome
Safari

<ドライバーが利用するスマートフォン>
・AndroidOS4.0.3以降、Google Playがインストールされている必要あり。
・iOS12.1以上のiPhone・iPad
・GPSが受信できる環境(Wi-fiでGPSが受信できれば位置の特定が可能です。)

【料金】
①ODIN PREMIUM
初期費用 16万5千円(税込)
月額費用 2,300円(税込)/1ドライバーあたり
管理画面 無料

②ODIN 配送計画
初期費用 16万5千円(税込)
月額費用 2,000円(税込)/1ドライバーあたり
管理画面 無料

すべての製品で、14日間、無料お試し期間がついています。

【今後の展開】
配送業の効率化を追求し、さらなる機能強化を行います。
配送システムのリーディングカンパニーとして、新技術の投入やお客様のニーズを製品に取り入れていきます。

【株式会社オンラインコンサルタントとは】
ODIN リアルタイム配送システムの開発・販売を行っています。

Leave a Reply