定期ルート自動作成機能

定期便ルート自動作成機能とは

配送業においては、「毎週月曜日に佐藤商店に配送」「毎月月末にはA工場に配送」「毎月15日に鈴木さん宅に配達」などの定期的な配送をしている会社さんも多くあります。

そんな配送先をカレンダーに登録しておくことで、配送日が近づいたタイミングで配送ルートを自動作成します。「〇曜日にどこへ行くか」を登録しておくだけでルートを作ってくれるので配車担当者の負担が大きく減ります。

毎週火・木曜日は A商店、隔週でB社へ。 月末にはC社に… (予定が続く) 予定を把握して ルートを作るの が大変だ。

おススメの業界

  • 毎週同じ配達先を回る食品卸売業
  • 毎月決まった日に部品を納品するサプライヤー
  • ある程度予定が決まっているお弁当配達
  • 介護・デイサービス
  • 決まった日に回収作業がある産廃業
配送する人イメージ

メリット

  • 配車担当者の手間が大幅に省けます。
  • 先々の配送予定をあらかじめ登録することができるので、ドライバーのシフト管理が楽になります。
  • 庸車の場合は庸車の予定が立てやすくなります。
  • 配送の予定に漏れがあるというリスクを減らせます。
  • 漏れやミスをなくすことで配送品質が上がり、顧客満足度がアップします。
カレンダーイメージ

詳細

  • 配送予定の日程指定は、毎日・毎週もしくは〇週ごとの〇曜日・毎月第〇週の〇曜日・毎月〇日から選択可能です。
  • 以下の2種類の内容を登録可能です。
    1. 配送先と日程を指定して配送先を日ごとに登録
    2. 配送ルートを定期便として登録
  • 定期便でも日によっては停車場所や終点が変わるという場合には、定期便登録後に日ごとに登録内容を変えることもできます。
  • 定期便とスポット便が混ざっていて管理が大変という場合は、定期便とスポット便の両方をカレンダーに登録することも可能です。
  • 登録した配送先から自動で配送の予定を登録できるので、スポット便も定期便とまとめて管理することができます。
  • 立てた予定を配送カレンダーでわかりやすく表示します。

業界初の機能

他の配送計画システムにはない、

弊社の独自機能です。(2021年9月の発表時点)