競合比較

配送計画製品の比較まとめ

(2021年11月1日時点の情報です。正確さを欠くと思われた場合は、情報をお寄せください。)

P社 L社 O社 ODIN 配送計画
特徴 カーナビ創成期の1990年代から空間情報技術に特化している会社。
知識と経験を生かした配車管理支援を行っている。
組み合わせ最適化をコアとして、独自のAI技術を駆使した配送計画が強み。
クラウド版だけでなく、オフラインでも利用可能なデスクトップ版も販売している。
ラストワンマイル向けのシステム。
これまでのビッグデータを活用し、計画通りに行けるような配送計画を作成する。
2012年からスマホの動態管理を開発している。
動態管理と配送計画がセットになっており、リアルタイムな配送の進捗を把握して急な受注にも対応できる。
メリット 配送計画立案時に、行先・時間指定・積載量、天候情報や有料道路優先・集荷配送など、非常に細かい計算条件が設定できる。 配送計画立案時に、コストと利益を計算し、利益が最大化するようにルートを計算することができる。 予定がずれにくい配送計画を作成する事ができる。 24時間を超える計画が作成可能。
前日の宵積みも含めた集荷・配送のセット組みを行った計画が作成可能。
また、毎日の手間を減らす、配送計画を自動で作成してくれる定期便機能がある。
追加や削除などの編集も簡単に可能。
デメリット 費用が高い。
24時間を超えて計画は作成できない。
費用が高い。
配送計画の設定項目が多く、作成に時間がかかる。
一旦作った配送計画を編集する場合は、Excelをインポートしなおす必要がある。
配送計画作成後の確認画面がとても見にくい。
計画作成後の編集はあまり行わない想定。
集荷先・配送先を考慮した配送計画が作れない。
24時間を超える配送計画は作成できない。
配送計画の作成に時間がかかる。
月額利用料が高い。
天候情報やUターンの考慮など、非常に細かい計算条件は設定できない。
最短ルート計算機能
集荷・配送先設定 ×
24時間を超えて計画を作成できるか × ×
計画の編集
Uターンしない計画の作成 ×
交通情報の考慮 ×
動態管理と配送計画がセットで、配送の進捗がわかる。 ×(ただし、別システムと連携で可能) ×
金額 クラウド版:
初期費用:110万円 月額11万円弱

オンプレ型
初期費用:330万円以上
初期費用 22万円
月額 5.5万円~ ログイン1名
※1名増えるたびに5,500円が追加
※配送先1000件、25ドライバー、1管理者
初期費用:16.5万円
月額:16.5万円~
初期費用:16.5万円
月額:(1台あたり)2,000円